it-info-port

ITに関する情報を発信していきます。

Yahoo!のYahoo!メールアドレス取得方法

どうも!でん@です。
今回はYahoo!社が提供するフリーメール「Yahoo!メール」の

アドレス取得方法を記載していきます。

転送方法はメールソフト(outlook等)を持っていて必要な人だけが

設定するのが良いと思います。

ではさっそく見ていきましょう。

 

1,Yahoo!メールアドレス取得方法

Yahoo!メールを使用するには「Yahoo!Japan ID」を取得する必要があります。

Yahoo!Japan IDを作成すると、使用できるサービスとして

Yahoo!メールアドレスも作成されるのだ。

ちなみに会員登録、年会費等は不要だから安心してほしい。

では取得手順を見ていこう。

 

2,Yahoo!Japan ID作成手順

さあ、ここからは実際に画像と一緒に手順を追ってみよう!

 

2-1,Yahoo!Japan ID作成ページへアクセス

Yahoo!Japan IDの作成ページへアクセスする。

 

2-2,「メールアドレスを取得」ボタンクリック。

少し見にくいが画面右側の「メールアドレスを取得」のリンクボタンをクリックする。

f:id:zden:20170512010841p:plain

 

2-3,「今すぐメールアドレスを取得する(無料)」ボタンクリック。

画面中央にある「今すぐメールアドレスを取得する(無料)」ボタンをクリックする。

f:id:zden:20170512011212p:plain

 

2-4,Yahoo!JAPAN ID登録情報の入力

Yahoo!JAPAN ID登録画面が表示されるので登録情報を入力していこう。

f:id:zden:20170512011415p:plain

よく質問される項目は下記になるので確認しよう。

 

・メールアドレス

 →今自分が使用していて連絡が出来るメールアドレスを記載する。

  作成したいメールアドレスを記入する欄ではないので注意だ!

 

・Yahoo! JAPAN ID

 →使用したい好きなYahoo! JAPAN IDを入力しよう。
  〇〇〇@yahoo.co.jpの〇〇〇部分になります

 

・パスワード
 →好きなパスワードを入力しよう

 

下の画像は一例。参考になればうれしい。

f:id:zden:20170512012304p:plain

 

2-5,利用規約の同意

利用規約の同意が表示されるので下部「同意する」にチェックを入れて

「登録」ボタンをクリックする。

f:id:zden:20170512012505p:plain

 

2-6,文字認証メールが届く。

規約の同意後、メールアドレス欄に記入したアドレスに下記の様なメールが届く。

本文上部に文字が記載されているのでwebサイトの文字認証欄に

記載されている文字を入力しよう。

 

f:id:zden:20170512012716p:plain

 

メールの文字をweb画面に入力したら「次へ」ボタンをクリック。

f:id:zden:20170512013117p:plain

 

2-7,登録の完了

設定が完了した旨の画面が表示される。

これで登録は完了だ。

実際にログインしてみるために画面上部にあるログインボタンを押してみよう。

(下の画像は見切れてしまっていて表示されていない。申し訳ない)

f:id:zden:20170512013248p:plain

 

2-8,「Yahoo!メールの利用はこちら」選択。

ボタンをぽちり。

f:id:zden:20170512013511p:plain

 

2-9,ログインの確認

ログイン出来たら確認完了だ。

使えるか不安な人は現在自分が持っているアドレスに

メールを送信して送受信出来るか確認してみよう。

f:id:zden:20170512014121p:plain

 

3,複数のYahoo!メールの取得方法。

Yahoo!メールアドレスが複数欲しい人は

上記手順2-1 ~ 2-9までを再度実施しよう。

昔は制限があったのでもしかしたら現在も

1日に作成できる数に限りがあるかもしれない。

 

 

4,所感

Yahooメールの取得方法はうまく出来ただろうか?

なかなかYahooメールは使う人が少ないのか取得方法が古いものが多かったのと

そもそもYahooメールの記事事態が少なかった。

公式がきちんと取得方法を記載しているから不安とかは無いが画像が無かった。

この記事の画像は2017年版なので「画面が違う!」って事は

今なら無いかもしれないから安心してほしい(笑)

 

ではまた次回!

 

 

 

 

Googleのgmailメールアドレス取得方法

どうも!でん@です。

ここではGoogle社が提供するフリーメール「gmail」のアドレス取得方法を記載していきます。

転送方法はメールソフト(outlook等)を持っていて必要な人だけが

設定するのが良いと思います。

 

ではさっそく見ていきましょう。

 

 

gmailアドレスの取得方法

gmailを使用するには「googleアカウント」を取得する必要があります。

googleアカウントを作成する際にgmailも作成されるのだ。

では取得手順を見ていこう。

 

1,gmailアカウント作成手順

1-1 アカウント作成ページへアクセス

googleアカウントの作成ページへアクセスする。

 

1-2 アカウント新規作成

ウインドウ右側に表示されている項目を全て記載する。

f:id:zden:20170430093405p:plain

 

迷いそうな項目の記載は下記を参照。

・ユーザー名

 →お好きなユーザー名

  〇〇〇@gmail.co.jpの〇〇〇部分になります

 

・パスワード

 →お好きなパスワード

 

・携帯電話

 →現在使用している携帯電話の番号

 

・メールアドレス

 →現在使用しているメールアドレス

 

・デフォルトホームページ

 →インターネットをする際にgoogleのページをホームページに設定するかしないか

 

 全ての項目を入力したら下部、「次のステップ」をクリックする。

f:id:zden:20170430095536p:plain

 

1-3 規約の同意

プライバシー規約が出るので、スクロールして下部「同意する」をクリックする。

f:id:zden:20170430095804p:plain

 

1-4 アカウント確認

申し込みアカウントの確認を行う

確認方法はメールと電話の2種類が存在する。(ここでは2種類とも記載)

メールでの確認→1-4-1参照

電話での確認 →1-4-2参照

個人的に電話の方が手間が無いので楽でおすすめです。

 

1-4-1 メールでの確認の場合。

①「テキストメッセージ(携帯電話のメール)」にチェックを入れる。

②携帯のメールアドレスを入力する。

③@以降を選択する

上記入力後「次へ」クリック

f:id:zden:20170430110720p:plain

 

携帯電話のアドレスにパスコードが送信されるので記載されているコードを入力する

f:id:zden:20170430103741p:plain

 

1-4-2 音声での確認の場合

①「音声通話」にチェックを入れる。

②携帯の電話番号を入力する。

上記入力後「次へ」クリック

f:id:zden:20170430104406p:plain

自動音声で携帯電話に着信が入るのでアナウンスされるパスコードを入力する

f:id:zden:20170430103741p:plain

 

1-5 googleアカウントの登録完了通知を確認する

googleアカウントの登録完了通知画面が表示されれば完了です。

f:id:zden:20170430105429p:plain

 

2、gmailアカウントの複数登録

gmailは複数のアカウント取得が可能です。


特別な手法は必要ありません。
上記1-1~1-5まで同じ様に入力して登録するだけで取得できます。

 

その場合ユーザー名のみ変更をお願いします。

パスワードは同じものが使用できますが、似たユーザー名を作成する場合は

パスワードが同一だと複数のアカウントが乗っ取られやすくなるので注意しましょう。

 

 

 

3、gmail初期設定方法

 

3-1 gmailログイン

googleトップページを開きgoogleアカウントでログインしている事を確認する。

右上の「gmail」をクリックする。

f:id:zden:20170430130950p:plain

3-2 gmail初期設定

セットアップ進行状況が10%と表示されていると思います。

これを100%にしてしまいましょう。

f:id:zden:20170430142533p:plain

 

3-3 テーマの選択。

「テーマを選択」クリック。

f:id:zden:20170430143256p:plain

 

3-4 テーマを決める

テーマの選択画面が表示されるので好きなテーマを選択します。

選択後、下部「保存」クリック。

f:id:zden:20170430143613p:plain

 

画面が変更されましたね?

また、進行状況が25%になっていると思います。

f:id:zden:20170430144319p:plain

 

3-5 gmailの使い方を確認する。

「google」の使い方ボタンクリック。

f:id:zden:20170430152813p:plain

 

使い方の簡単な説明が表示されます。

軽く流す程度に読んでおきましょう。基本的な使用方法が記載されています。

また進行状況が45%になります。

f:id:zden:20170430153610p:plain

 

3-6 連絡先とメールをインポートする。

既存のメールアドレスから連絡先とメールのインポート(移動)を行います。

(既存のメールが無いorインポートする必要が無い場合は無視してください。)

[連絡先とメールをインポート]ボタン押下。

f:id:zden:20170430154357p:plain

 

既存のメールアドレスを入力して下部「続行」押下。

(必要ない人はここでキャンセルを押してください。)

f:id:zden:20170430154648p:plain

 

 続行クリック

f:id:zden:20170430154919p:plain

 

 インポートしたいアドレスを入力します。

f:id:zden:20170430233906p:plain

 

 対象アカウントのパスワードを入力します。

 

f:id:zden:20170430234713p:plain

 

gmail側で処理をする為にリクエストを許可します。

下部「許可」ボタンクリック

f:id:zden:20170430235027p:plain

 

認証成功画面が表示されたらウインドウを閉じます。

f:id:zden:20170430235257p:plain

 

インポートオプションを選択します。

必要なインポートチェックボックスにチェックを入れて

下部「インポートの開始」クリック。

f:id:zden:20170430235534p:plain

 

インポート開始画面が表示された事を確認し、下部「OK」ボタンクリック

f:id:zden:20170430235744p:plain

 

以上でインポート作業は終了です。

インポート量に応じて最大2日程かかります。

 

3-7 モバイルgoogleアプリの入手

[モバイルgoogleアプリを入手]クリック

f:id:zden:20170501000247p:plain

 

公式gmailモバイル取得URL画面が表示されます。

ここではモバイル用gmailアプリのURLを取得できます。

appストアやiTunesストアで常時入手できますのでここで必ず取得しなくてはいけないって訳ではありません。

 

[携帯電話番号を入力]ではgmailアプリのURLをメッセージにてお届けしてくれます。

[このQRコードをスキャン]ではgmailアプリのURLをスキャンします。

[モバイル端末でアクセスは]モバイル端末に手打ちで「gmail.com/app」を入力してURLを取得します。

今回は携帯電話番号でgmailアプリURLを取得します。

f:id:zden:20170501000615p:plain

 

 携帯番号を入力し「SNSでリンクを送信」クリック

f:id:zden:20170501001741p:plain

 

「SNSを端末に送信しました」と表示されていれば成功です。

端末にメッセージが来ているので、URLにアクセスしてアプリをダウンロードしましょう。

 

3-8 プロフィール画像を変更する

[プロフィール画像を変更]をクリック

f:id:zden:20170501002225p:plain

 

プロフィール写真を選択画面になるので

画面中央の「パソコンから写真を選択」クリック

f:id:zden:20170501002417p:plain

 

プロフィールに設定する画像を選択して

「開く」ボタンクリック。

f:id:zden:20170501002546p:plain

 

プロフィールに使用する画像の範囲を設定します。

設定が完了したら左下の「プロフィール写真に設定」をクリック。

f:id:zden:20170501002852p:plain

 

設定完了と表示されれば初期設定は完了です。

f:id:zden:20170501003239p:plain

 

 

これでgmailメールアドレスの取得が完了になります。

 

 

 

 

【ネットビジネス講座_3】ネットビジネス用のフリーメールアドレスを取得しよう!

どうもこんにちは。
でん@です。


今回は実際にインターネットビジネスの始め方を記載していこうと思います。
それではまず最初の作業ですが、ネットビジネス用メールアドレスの作成になります!

 

「…おいおい、サイト作りじゃないのかよ・・・」って思いました?
確かに地味っすね…

でもでも、実はコレとっても重要なんですよ!
これから貴方は少なくとも下記の作業でメールアドレスが必要になってきます。


・サーバーorブログ運営会社への登録。
・ドメイン取得会社への登録(長期でやるなら必須)
・ビジネス専用口座の開設(確定申告対策)
・各ASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)への登録
・googleアドセンスへの登録
・楽天、amazonアソシエイトへの登録
・他ブロガーor運営者さんとのやり取り
・各お知らせの受け取り

などなど結構頻繁に使用する場面が多いのです。


これから初めてネットビジネスをする人からすれば
「今使ってるアドレスじゃ駄目なの?」とか
「実は必要ないんじゃね?」とか
疑問があるかも知れませんが、めちゃくちゃ必要なんです!

ではなぜ必要なのか?
今日はその理由やネットビジネス用のメールアドレス取得方法に関して記載していくよ!

 

ネットビジネス用のフリーメールアドレスが必要な理由

フリーメールの取得を推奨するにはきちんとした理由があるんだ。

ここから先に詳細を記載しているからデメリットとメリットを知っていこう。

 

受信量が多すぎる

フリーメールを取得していない為に起こる問題で一番多いのがコレ。

ネットビジネスは一日に何百通もメールが届きます。

ブログ会社、サーバー会社、ASPやお客さんと一日に沢山のやり取りを行うのです。

 

その為、1つのアドレスで管理するのは非常に難しい。

プライベートアドレスを使用してしまった場合、24時間メールが引っ切り無しに来て絶対に嫌な思いをします。

 

メール削除の時のよくある失敗

一日に何百通も受信すると中には迷惑メールまがいの商材広告やどうでも良いお知らせメールなども混じってくるんです。

当然削除しようとボタンを押したら大切なメールまで消してしまった!!!

なんて事もよくありました。

(お客さんからの問い合わせや、料金の明細、アカウント発行通知などなど)

 

一回じゃゴミ箱に行くだけなので問題ないのですが、一番厄介なのは纏めてメールを削除した時に本人が消した事に気付いてなかったりする事ですね(笑)

これも客の再度の問い合わせで発覚したりしました…

 

メールを削除しなくてもいいアドレス環境は絶対必要ですよ!

 

 

迷惑メール、物販メールの隔離先として

先ほど上でも記載しましたが本当に迷惑メールが多いです!

だから迷惑メール用の捨てアドレスは絶対持っていた方が良いです。

 

引っ越しの時でも影響が無いのが大きい

僕、今アパート暮らしなんですよ。

実家に居た時はプロバイダーさんのアドレスを使用していました。

・・・が!引っ越しをする際にポケットwifiにしたせいでアドレスが使用不可能になりました(笑)

その後はすぐにフリーアドレスを取得して泣く泣く全設定を変更しましたね。

3日ぐらいかけたので面倒でしたー

もしプロバイダーさんのアドレスをそのまま使おうとしているのでしたら考え直してください!結構大変です(笑)

 

フリーメールアドレスの使用方法の考え方

まずは最低4つのフリーメールアドレスを取得しよう

最低4つ!

何に使うのかは下記を見てみましょう。

 

1、銀行会社、個人情報などを登録するアドレス

2、各ブロガー、運営者さんとやり取りするアドレス

3、webレポートやメルマガなど迷惑メールが来る可能性の有るサイト用の登録アドレス

4、サイト告知関連のメールアドレス

 

それぞれのメールアドレスに使い方を決めよう

次はそれぞれのメールアドレスの使用方法を決めてしまおう。

上に書かれた例は僕の使用方法です。

詳細を下記に記載しているよ。

 

1、銀行会社、個人情報などを登録するアドレス

 →明細管理や個人情報などの管理に。

  またサーバー、ドメインなど各サービスの登録用としても

 

2、各ブロガー、運営者さんとやり取りするアドレス

 →アフィエリエイト会社やブログ仲間、お客さんとのやり取りに

 

3、webレポートやメルマガなど迷惑メールが来る可能性の有るサイト用の登録アドレス

 →迷惑メールやライバルサイトのメルマガ登録用に

 

4、運営サイト関連のメールアドレス

 →youtube、ニコニコ動画、twitterなどに登録してサイト宣伝用のアドレスに。

  問い合わせ用メールとして兼用も可能

 

などなど上記はあくまで僕の一例です。

個人の使い勝手の良い様に決める事が分かり易く覚えやすい事に繋がります。

 

フリーメールアドレスの取得サイト紹介

オススメはgmailやyahooメール。
PC、スマホの両方で確認が出来るのは結構メリットが大きい!
職場や出先でも確認出来るからオススメです。

 

フリーメールアドレスの取得手順

 

ネットビジネス用のメールアドレスが取得できたら今日はここまで。
次回はドメイン取得について書いていこうと思う
ではでは!

 

 

【ネットビジネス講座_2】初心者が始めやすいサイト構築とは?

どうも!でん@です。

 

自分のサイトを持とうと思ったあなた。

どんなサイトを作りたいか考えていますか?

 

今回は初心者さんならどうやってサイトを持つのが簡単か書いていこうかと思います。

サイト開設の種類にどんな始め方があるのか?
また、早く結果を出したいなら何から始めるのが上手く出来るのかを書いていくぞ。

 

 

 サイト開設の種類とは?

・無料ブログを使用してスタートする

無料ブログは名前の通り無料でブログ運営会社からサイトを借りて運営を始められるのが一番の魅力です。
「ネットビジネスの知識も無いし、出来るか分からないがやってみたい!」
といった人が足がかりに始めるのが一番多いですね。

 

また、無料だからローリスクです。

諦めてしまった場合も経費などは発生しません。

 

 

・ドメインを取得して有料ブログでスタートする

基本的に無料ブログと始め方は同じですが、ブログ運営会社が提供するサービスが強化され運営会社側の広告非表示はもちろん、画像アップロード上限やブログ数、各種設定など使用サービスが強化されます。

 

また一番のメリットは独自ドメインの設定が出来る事だろう。
ブログ運営会社が有事の際にサービスの提供が出来なくなった場合も、他ブログ会社に移行したり、サーバー会社からサーバーを借りてブログ運営の継続ができるのだ。

 

独自ドメインが無い場合は有事の際にコツコツ書いた記事が無くなってしまう可能性があるので注意しよう。

 

 

・wordpressを使用してスタートする

Wordpressは無料のweb構築ソフトです。

前提として自前のサーバーか、サーバーレンタル会社と契約しサーバーを用意して「Apache」「MySQL」「PHP」「Perl」を実装する必要がある。

現在の対応verは公式ホームページを確認してほしい。

 

サーバーが用意出来たらwordpressをインストールしてサイトの構築を行うのだ。

 

Wordpressは幅広いカスタム性が魅力だ。
様々なカスタマイズ設定やテーマ(着せ替え)で自分の個性を押し出したサイトが構築できる。

ブログだけでなく固定ページと呼ばれるページを用意する事でサイトの構築の幅を広げる事も可能だ。

 

また、プログラミング出来なくても楽々と機能の実装が出来る
wordpressにはプラグインと呼ばれる拡張機能が存在する。
自分の欲しい機能(プログラム)をwordpressにプラグイン(拡張)させて使用機能を増やす事が出来るのだ。
例えば掲示板機能やコメント認証機能。SNS連携機能などプログラムは様々。

スマホにソフトをインストールする様なイメージでOKだ。

プラグインには無料と有料が有る為、使用したい機能次第でサイト構築に経費が発生するだろう。

 

・有料webサイト構築ソフトを使用してスタートする

前提として自前のサーバーか、サーバーレンタル会社と契約しサーバーを用意する必要がある。

 

これは権威やシリウスなどのweb構築ソフトを指している。

Wordpressと同じwebサイト構築ソフトだが、こちらは有料だ。

 

有料webサイト構築ソフトは商品によってサポート対象が有ったりするので、作業で分からない部分などサポートに聞くことが出来たりするらしい。

 

私は残念ながらまだ使用した事は無いので詳しい事は分からない。

追って更新したいと思う

 

 

・HTML+CSSを使用して1からスタートする

前提として自前のサーバーか、サーバーレンタル会社と契約しサーバーを用意する必要がある。

 

真っ白なサイトにガリガリコードを書いていく為、自分の思い通りのサイト構築が可能になる。
コードを覚えるまでが大変だがweb構築技術が知識として財産になる
開発して技術を販売する事も可能だ。

 

 しかしあくまで上記は慣れている人の話だ。

初心者は慣れるまでが大変であり、最短でもサイト構築に半年の時間を費やすだろう。

 

・自分の家でサーバーを構築、運用してサイトをスタートする

メリットはサーバーを独自に所有できる事だ。
サーバー構築技術、知識として財産になるので会社を興すことも可能だろう。

 

しかしサーバーの所有はリスクも大きい。
まず、維持費。

冷房や騒音対策が必須になる。

 

次に運用時間。

24時間戦えますか?

 

上記は運営する上で大きくなるにつれて比例して手間が増えるので早めの対策が必要だ。

 

 

 

 

・結局の所、初心者は何から始めればいいの?

結論から言うと初心者の方はブログサービスから入るのが一番いいでしょう。
諦めた時のリスクが少ないですし、各運営会社の宣伝能力が頼もしいです。


自身のブログが紹介されることでアクセス数が飛躍的に上がったりもしますしね。

また参加した当日に記事を書く事が出来るスタートの早さも魅力の一つなんです。

 

WordpressやHTMLで1からサイト構築するとなると早くても1ヶ月は時間が必要。
初心者なら3ヶ月程度はかかってしまうでしょう。

 

そういった意味でも始めはブログが一番良いですよ。

自分のサイトに閲覧者さんが沢山来てくれるようになったらWordpressに移行するとかでもいいと思うんです。
ブログを書きながらwordpressでサイトを整えて、アクセスや記事が多くなったらwordpressに移行する。

これなら無駄な時間を生まないで色々と進めていけますね。


これから始めるあなたの進む方法は決まりましたか?
今回はサイトの始め方の種類のお話でした。

次回は実際にサイト構築をステップ形式で実践していきたいと思う。

 

次回はアフィリエイト用アドレスの取得!について記載していくぞ。

 

では今日はここまで!
読んでくれて有難う!またね!

【ネットビジネス講座_1】インターネットビジネスって何?リスクはあるの?

どうもこんにちは。
でん@です。

 

今回タイトル通りネットビジネスを中心に書いていこうかなと思っています。


実は僕は別にサイトを持っているんですが、このサイトがなかなか弱小でして(笑)
そんな中でも「ネットビジネスってどんなのがあるの?」とか、「収入は?」とか未だに話題にされているので
IT話を中心にしたブログを作ろうかとなりました。


今回のお話は散々語られてきた主要Webビジネスの種類と各リスクに関して話してみようかなと思います。

 

 

 

インターネットビジネスの種類

主要インターネットビジネスの種類ってどんなのがあるか知っていますか?
ざっと思いつく所ではアフィリエイト、googleアドセンス広告、せどり、ECサイト、サーバー構築、webサイト構築などなど。

 
今回はそんなインターネットビジネスの種類や特徴を紐解いてみよう

 

  • アフィリエイト

自身のホームページやブログサービス等から企業の商品をPRするビジネス。
自身のサイトに訪問してくれた人が広告をクリックして商品を買った場合に利益を得ることが出来る。
利益は紹介する商品によって違い、高額商品になるにつれ人気になっている。

 

  • googleアドセンス

自身のホームページの一区画にgoogleから提供される広告枠を掲載する
クリック報酬型なのでたとえ商品購入に至らなくても広告がクリックされるだけで報酬が発生する。
報酬は1クリック1円程度。

  • せどり

主に低価格で仕入れて高価格で売る事全般を呼ぶ総称。
例に出されるのは本が多いが時計、車、レトロレコードなどターゲット商品は多岐に渡る。
希少性を前面に出すと売買に直結する事が多く効果的とされている。
あまり評判の良くない転売もこのカテゴリに属する。

 

  • ECサイト

インターネット上で商品の販売を可能にしたサイトを設置し商売するビジネス。
一般的にネットショップと呼ばれている。
個人web店舗やモール型web店舗など形態は様々であり対象顧客は全世界と範囲は広い。
家電、日用品、雑貨に限らずオリジナルで作成した商品などの販売も可能な為
閲覧者に「買いたい!」と思わせる商品が有れば売り上げに繋がる。
価格、質、オリジナリティ、サービスなど独自の強さを押し出せす事が出来れば長く存続できる。

 


各主要インターネットビジネスのリスクはどの程度?

  • アフィリエイト

常に検索上位に表示されないと商品PRページを見てもらえない為、検索下位のホームページは成約が取りづらくなる。
SEO対策(Search Engine Optimization)を行い、検索結果上位を目指すのが当面の目標になるが
コンテンツの質が悪いサイトや自演リンクの多いサイトなどはgoogleから手動ペナルティの罰を受ける恐れがある。

また、広告主の方針で突然の商品販売中止などもあり、その場合作成した記事、ページ、サイトの価値はなくなってしまう。

 

  • googleアドセンス

特段のリスクは無いがギャンブル、酒、暴力、たばこ等を推奨する話題に広告を張る事が禁止されている。
その他にも軽めの制約があり、「書きたい事が書けない!」等の意見も少ないが散見されている。
しかしモラルとマナーを持っている人からすれば制約とは感じないはずだ。
googleのポリシーを尊重していれば問題は起きないだろう。

 

  • せどり

一番のリスクは在庫を抱える事。
商品に希少性がある内は多少高くても買ってもらえるが、生産ラインの増強などで
商品の供給が追い付く様になると途端に値段が下がってしまう。
また、ネット上で「次に買われる商品は○○!」などと商品情報が書かれていたりするがすぐに手を出すのはダメだ。
なぜならその情報の発信者は在庫を一掃したいが為に書いている事が多いからだ。
ミイラ取りがミイラになる様な事がせどり市場では毎日起こっている。

 

  • ECサイト

リスクは多い。
まず一番は在庫。
商品を抱える場合は売り先がある事が第一条件だ。
しかし自分のサイトを見つけて貰う事は大変なのだ。
例えば家電のECサイトは現在数百を超えているのを知っているだろうか?
もし自分が家電のECサイトに参入する場合どの様に競合他社と差別化していくか考えることが良いだろう。
差別化出来ない場合は商品を変えてニッチ路線に変更した方が利益が出るだろう。


では今回の主要インターネットビジネスとそのリスク確認はここまで。
次回はインターネットビジネスの始め方を解説していこうと思う。