it-info-port

ITに関する情報を発信していきます。

【ネットビジネス講座_4】サイトを始める前に決めておきたい基礎部分

どうもこんにちは!

でん@です。

 

さて前回講座のメールアドレスの作成は無事出来ましたか?

これからネットビジネスを進める上でメールアドレスは必需品ですので

きちんと取得しておきましょう。

 

それでは今回からサイト作りに取り掛かりたいと思います。

・・・が!

サイトを作成する前に事前に決めておきたい基礎部分があるのでそこだけ

決めてしまいましょう。

 

ちなみに今回決めるネットビジネスの基礎部分は

後々簡単に変更するのが難しい部分になります。

もしこの記事を読んで今回基礎部分を決定出来なくても

有る程度の候補は用意しておくのが良いでしょう。

 

それでは今回は下記に関して決めていくよ!

・HN

・サイトの特色

 

 以上、2つ!(笑)

「もうHNもサイトの特色も決まってるよ!」って人も

今回は答え合わせ程度に記事を流し読みしてほしい。

あなたの気付いてない落とし穴があるかも知れないしね。

 

「HNとかサイトの特色って何?今決める事なの?」と疑問に思った人は

これから順に記事を読んでいこう。

1,HNを決めよう!

これからインターネットビジネスをする上であなた自身を表すHN。

今回はHNの決め方と失敗談を集めてみたのでこれからネットビジネスを始める人はぜひ確認してほしい。

 

1-1,HNって何?

HNはハンドルネーム(handle name)の略呼です。

ハンドルネームはインターネット上の自分の名前の事ですね。

あだ名みたいなものです。

この記事の冒頭でも僕が「でん@です」って書いていますよね?

コレがハンドルネームです。

不特定多数の人が観覧するネット社会で個人情報になる本名は出来れば使いたくない

って人が多いのでHNで名乗るのが通例になっています。

 

1-2,HNはどうやって決めればいいの?

一般的な決め方は普段呼ばれているあだ名等から取命名する事が多く良い選択ですね。

またHNは街中で呼ばれても恥ずかしくないHNに決定するのが良いでしょう。

なぜでしょうか?


今まで僕の周りであった事例を含めて説明していきますね。

 

1-3,HN失敗事例

1-3-1,HNは変更しないで長年使えるものを!好きなキャラクター名で失敗!

とある友人O君。

彼(男)のHNはなんと女性キャラクターから取った名前でした。

会って話す事が多いのだが、ある日、心境の変化からHNで呼ばないで欲しいと言われた。

学生当時の頃はキャラクターが好きだから気にならなかったが

月日は残酷なもので当時ほど思い入れが無くなってしまってたんだとか。

 

しばらくした時にHNを変えたんだが、変えた後が結構面倒だった。

記事を全て直して、プロフィールを修正して、メルマガで周知して、半年ほど作業に追われる事になったんだ。(借り出された)

安易にHNを決めて失敗したと嘆いていたよ。

 

結論:

HNは変更するとなると影響が意外と大きい。

変更しないで長年使用出来るHNを使おう!

 

1-3-2 俺の周りは人が増えない!?下ネタ系HNで失敗!

昔相談されたUさん。

「読者が増えません。一定数は居るのですが僕のブログは他のブロガーさんと違ってコメントに無茶振りで荒らされます。なぜでしょうか?」と相談があったんだ。

 

僕はとりあえずHNを変えろと助言したね。

サイトを見たら「うん○」って単語が沢山あったからね。

 

結果そのサイトは徐々に読者が増えて無茶振りは減りましたとさ。

 

結論:

結構人はHNで好き嫌いを決めてしまったりする。

このUさんの失敗はHNを下ネタ系にした事で読者を限定してしまいました。

他に気をつけたいのが姫系HNとか暴力的なHN、犯罪を匂わすHNなどなど。

変な人や危ない人に近づきたい人は少ないのです。

HNはモラルのある名前にしましょう。

 

1-3-3,あんまり覚えてもらえない!奇抜&長すぎ!

コレも良くある失敗例!

はたして覚えてもらえないHNとは何か?

良くある事例がありすぎたので下記にリストアップしてみたぞ。

 

・難解漢字を沢山取り入れたHN。
・常用漢字以外の何それ?って漢字を使ったHN
・誰にも読ませる気が無いキラキラ当て字HN。
・長すぎるカタカナ文字のHN

...などなど。

 

結論:

奇抜なHNは当たった時に1発で覚えて貰えるインパクトが有る。

しかし、日の目を見るまでは普通のHNよりも覚えて貰いにくく忘れられやすい事に注意しよう。

どうしても「普通のHNは嫌!」って場合は語感や語呂で音が良い文字を組み合わせて作るのが定石だ。

コレなら何もしないより覚えて貰い易い。

 

1-3-4,無難なのに覚えてもらえない!何処にでも存在するが故の苦悩!

あなたの周りに佐藤君や鈴木さんは居るだろうか?

これは全国で1位、2位の苗字ですね。

例えば「カズ 動画」 「ヒロ ブログ」 「マサ アフィリエイト」などで検索してみよう!

そこには星を幾多にも空に散りばめた様な検索結果が次々と・・・!

ってなっているんです!

 

これ結構紛らわしくてね、同名HNだとトラブルとか多いんですよ。

誤送信メールが送られてきたり、受信者がメールとかで「タクです!」とか受信すると

あれ?何人目のタクさんだ!?とか分からなくなってしまったり。

 

なのでトラブルが嫌いな場合、HNの候補が出来たら検索して

同名の人が居ないか確認しておきましょう。

検索してHNが被るのが1,2名なら大丈夫です。

1ページ以上同名HNの人が居る場合は考え直すのが良いかもしれません。

 

しかしこの問題はそこまで大きな問題ではありません。

「俺は自分の名前で勝負したいんじゃー!」
って方は存分に勝負する事をおすすめします。

気に入らない名前なんて嫌ですしね。

 

1-4,覚えて貰えるHNとは?

さぁ、色々な失敗例を見てみましたがいかがでしょうか?

もうすでに決めていた人で当て嵌まっていた人は居ましたか?

ここでは覚えてもらえる(かもしれない)HNに関して少し考えてみようと思います。

 

1-4-1,文字数は3~5文字

無意識的に覚えて貰いたい場合、常時目にする事のある文字で

3~5文字で構成するのが良いでしょう。

ひらがな、カタカナ、学校で習う漢字などでの構成ですね。

日本人は3~5文字程度が一番覚えて貰い易いのです。

 

1-4-2,文字の語感や音を意識する。

いくら文字を3~5文字にしたからって「あああ」とか「おのいヴぉ」とか

テキトーにキーボード打っただけのHNは脳がいらない情報として処理する為

まず覚えてもらえません。

言葉には音が存在しますが、音の組み合わせで覚えやすさが決まります。

こればかりは「コレが一番!」とかは無いのですが、取り合えず発音しにくいHNとかは止めておくのが正解。

 

漢字を使用する場合は季語や情景など思い浮かぶ文字などが入ると

意識的に覚えて貰い易いですよ。

 

2,サイトテーマの基礎を決めよう

それでは次にサイトテーマの基礎を決めてしまおう。
ちなみここで言うサイトテーマの基礎とはサイトで扱うテーマの事です。

 (ダイエット、車、IT、食事など)

 

2-1,サイトテーマの基礎とは

サイトテーマの基礎と書いていますが、平たく伝えると

これから記事を沢山書くけど、何を取り扱うサイトか事前に決めておこうって事です。

 

このサイトテーマがブレると記事が多くなるにつれてサイトの方向性が

どこに向くのか分からなくなります。

 

例えば小説をテーマにしたサイトがあったとしましょう。

ですが、いきなり車の記事が多く出てきたらユーザーはどう思いますか?

多分多くのユーザーが「あれ?小説を扱ってたサイトだったよな?」と思うはずです。

 

そしてそれが長く続いて小説の記事が全然投稿されなくなったらユーザーはどう思うでしょうか?

まずユーザーは車に興味がないので小説を扱った違うサイトに流れてしまいますよね。

 

この様にユーザーは自分の欲求の答えを求めています。

小説サイトを目にするユーザーは何を求めているでしょうか?

多くの人は「話題の新刊」や、「各ジャンルのおすすめ」「無料の楽しい小説」などなど。「小説の書き方」で検索される人もいますよね?

ならばサイト運営者が作るコンテンツは決まっています。

「話題の新刊」「各ジャンルのおすすめ」「無料の楽しい小説」「小説の書き方」の記事を書く事です。

 

この様にサイト運営者はサイト訪問者の欲求を満たす事が仕事になります。

なのでサイトテーマは大切なんです。

コロコロ変わらない長く付き合えるサイトテーマにする事をお勧めします。

 

2-2,なぜサイトテーマを決めなければならないのか

平たく書けば狙った集客です。

 

あなたが何か調べる時、専門サイトを参考にした事は無いですか?

日記レベルの記事では不安になったりしませんでしたか?

色々なジャンルを取り扱っているサイトよりも専門サイトを見たことはありませんか?

きっとあると思うんですよね。

 

僕のこのサイトもIT+副業に関する事を扱っているので専門サイトですよね。

あなたの悩みはIT+副業に関する事なのではないでしょうか?

その悩みを解決できる記事がこの記事だったから読んでいるのではないでしょうか?

 

この様に専門サイトなら流行に流されない需要が有ります。

なのでサイトテーマを決める事が大切になります。

サイトテーマの大切さ、少しは伝わりましたか?

 

2-3,サイトテーマが決まらない

サイトテーマが決まらない!といった悩みもよく聞く1つですね。

 

そんな時は雑記ブログをお勧めします。

雑記ブログならサイトテーマを決められない場合でも問題なくサイト運営出来るからです。

ある程度記事が増えた段階で自分の進みたい方向にシフトするのが良いでしょう。

話題になりそうな時事ネタや季節ネタなどアクセス数が増える要素は多いのでアクセスは自分の腕次第になります。

着眼点が広ければ広いほど他のブログと差を作れるでしょう。

 

でもただの雑記ブログでは固定読者が付きにくいです。

その為雑記ブログでサイトテーマを決める時はメインテーマ+関連雑記といった形でサイトを作成すると固定読者が獲得しやすいですね。

 

3,所感

ここまで読んでみてどうだっただろうか?

色々決めてた人も、決めていなかった人もお気に入りのHNやサイトテーマは決まりましたか?

この2つはこれからずっと使うからこそ最初によく考える事をお勧めします。

ではまた次回!